唇のシミの原因と治療

 
Sponsored Links

唇のシミの原因と治療

唇のシミの原因

唇のシミは、日焼けで起こるメラニン色素の発生による原因がほとんどです。

 

唇は皮膚の一部ですが、唇には皮脂を分泌する皮脂腺は存在しませんので、表面が皮脂膜で覆わていません。ですから唇は外界からの刺激を防ぐバリア機能が弱いのです

 

唇のシミは、このような日焼けも原因の1つなのですが、口紅などの化粧品による影響もあります。
つまり、口紅の色があせると、そのままクレンジングもしないままでいると口紅に含まれる油分は唇に付着しているので、そのまま外に出てしまうと紫外線に反応して、いずれシミになることが多いのです。

 

 

唇のシミの予防・治療

できてしまったシミには唇のシミ取り美容液も効果があります。

 

また、泥パックも効果があると言われています。唇のシミ取りには、焦らずパックをし保湿することに心掛けましょう。そうすれば、唇のシミ取りに効果が現れます。

 

取れそうにない唇のシミにはレーザー治療がいいでしょう。
短期間で取ることができるので、試してみるのもいいでしょう。

 

 

口紅を使った後は、丁寧にクレンジングしましょう。それが唇のシミ取りにつながります。
唇のシミの予防には、何が必要なのでしょうか。ビタミンCが入ったクレンジングがおすすめです。

 

口紅やリップクリームには鉱油成分が含まれる商品が多いので、唇がかぶれたり炎症を起こしがちです。鉱油を含むような口紅やリップクリームは唇シミが生じやすくなります。唇のシミを予防・治療したい方は、鉱物油を含まない無添加の口紅やリップクリームを使いましょう。

 

洗顔後も、唇のシミ対策のためにもしっかりとリップクリームなどで保湿してあげましょう。

 

また、直接唇に紫外線を浴びないようにすることと、口紅をつける際も、UVカットの入ったものの上に、日焼け防止の成分の入ったリップクリームを付ける方法も予防の1つです。

Sponsored Links