シミ・シワを作らないメイクのコツ

 
Sponsored Links

シミ・シワを作らないメイクのコツ

現在のメイクアップ化粧品は品質がよくなっていますから、化粧品が原因で肌を荒らしたり、シミをつくる可能性は非常に少なくなりました。
問題は使い方の間違い。ファンデーションをつけるとき指先に力が入りすぎていたり、チークブラシで肌を強くこするなど、忙しさにかまけて大切な肌を乱暴に扱っている人が多いです。メイクのちょっとしたコツを覚えれば、さほど難しいことではありません。

 

 

シミ・シワ防止のメイク

必要ないときは早めに落とす

長時間のメイクは肌の自然な生理を乱します。家に帰ったら、真っ先にメイクを落として顔を洗いましょう。

 

メイク道具を清潔に

スポンジやブラシ、チップなどの化粧用具は1回でも使ったら、雑菌がワッと繁殖します。できるなら使うたびに洗い、少しでも傷んだら捨てること。とくに水で使うスポンジは不潔になりやすいので注意。

 

時間をかけてていねいに

スポンジやブラシで強くこすって肌を刺激するのはタブー。メイクはゆっくり丁寧にが基本です。そして、化粧用具に頼りすぎないこと。できるだけ指を使ってやさしく行いましょう。

 

素肌に直接メイクをしない

マスカラ以外のポイントメイクは必ず下地を整えてからすること。まぶたの上にもファンデーションやメイクアップベースをきちんと塗り、唇にはリップクリームを。

 

 

間違ったメイク

スポンジで肌をこする

パウダリーファンデーションの最大の欠点はスポンジによる刺激。肌を傷めない正しいつけ方を知っておくこと

まぶたをチップで傷める

できることならアイシャドウも指でつけたいもの。チップやブラシを使うときは、そっとやさしく。よほど注意深くしないとシミ・シワのもとに

チークブラシで肌を刺激する

まぶた同様、ほおは最もダメージを受けやすい部分。乱暴にすると、チークをつけた部分がシミになることもあります。

口紅を直接つける

唇は肌よりずっと敏感なので、口紅を直接つけるのは避けたい。リップクリーム、または唇専用の下地クリームを使うのが基本。

Sponsored Links