メイク道具の選び方

 
Sponsored Links

美肌のためのメイク道具の選び方

メイク道具にもっとこだわりましょう

化粧品にこだわる人でも、メイク道具には無神経な人がいます。肌の老化を防ぐには、メイク道具にも気を配るべきです。

 

コットン

化粧専用で繊維が肌に残らず、チクチクしない、刺激の少ないものを選びましょう。上質のものは何もつけず肌を軽くふいても「こすった」という感触を与えません。化粧水や乳液はケチらず、たっぷり含ませて使うとより肌にソフト。使う量は一枚のコットンにティースプーン1杯以上は必要。

 

ティッシュ

クリームをふき取るとき、ふわっと肌にのせただけでスーッと油分を吸い取るものが上等。さわってみてゴワゴワするものを顔に使ってはダメ。化粧品メーカーの製品で箱に「化粧専用」と書いてあるものなら肌にやさしく安心。

 

綿棒

化粧専用を選ぶこと。耳そうじ用はかたくてダメ。化粧専用のものは綿の巻き具合がしっかりしていて、しかも感触がやさしい。アイラインを落とす場合はこすらずに先端をくるくる回すとよい。

 

ブラシ

馬毛、黒テンなど獣毛のものがベスト。粉がブラシに取りやすく、肌にやわらか。筆形の形に自然な丸みがあること、毛がたっぷりしていることも重要なチェックポイント。

 

スポンジ

ファンデーションのタイプに合った専用のものが付きもよい。少しでも表面がザラザラしてきたら捨てること。使ったら毎日洗い、つねに清潔にしておくことが基本。

 

 

いちばん肌にやさしいのは中指と薬指

スキンケアやメイクアップにどの指を使わなければいけないという決まりはありませんが、使う指によって肌に与える刺激の強さはかなり違います。
いちばん肌にやさしいのは、中指と薬指、ふだんあまり使わないだけに、指先がやわらかで必要以上の力が入りにくく、肌をさわるのには最適です。
人差し指は力が入りすぎるし、指先がかたいので、目の回りや唇に触れるのには不向きです。
もう一つ大事なことは、どの指を使うにしても必ず指の腹を使うこと。洗顔やパッティングは人差し指、中指、薬指の3本の指でそっとやさしくおこないましょう。

Sponsored Links