シミを消すための徹底ガイド

 
Sponsored Links

シミを消すには時間も手間もかかる

シミを消したい方に

肌の活気は年齢とともに失われるもの。やがてはシミ、シワ、くすみが現れます。
シミは一度できるとなかなか消えず、消すのにも時間も手間もかかります。

 

年をとるとシミ・シワができ、肌の色がくすんだりするのは「老化現象だから仕方ない」と
あきらめていませんか。
正しいスキンケアをしていれば、自分の年齢より5歳や10歳は若い肌でいられます。

 

 

当サイトではシミの原因・予防・治療の方法を分かりやすく解説、
またシミを消す薬・食事・サプリ・化粧品や皮膚科・美容整形で行うシミ治療なども紹介しています。

 

当サイトがシミを予防、消したいと考えている方に少しでも参考になれば、幸いです。
シミを消す方法を正しく理解して美肌を作りましょう。

 

 

50歳までの肌は努力次第で若く保てます

20歳を過ぎると皮膚の組織は再生能力を失います。肌のみずみずしい張りや弾力を
支えているエラスチンは、もう新しくつくることができなくなります。
紫外線によってエラスチンが破壊されると、だんだん皮膚がたるみ、
やがてシミやシワができてきます。

 

 

20歳をすぎると皮膚の再生能力がなくなりますが、
これは皮膚そのものが衰えるということとは違います。

 

 

皮膚の老化が始まるのは、ほとんどの人が40代の後半からと考えられます。

 

20歳をすぎたら、少なくとも50歳までの30年間は、正しいスキンケアをしていれば十分に若く美しい肌を保てます。
つまり本人の努力次第ということになります。

 

 

シミ・シワのチェックをしてみましょう

シミやシワは急にできるものではありません。
シミ、シワを早期発見して進行をくい止めるには、肌をよく観察する習慣をつけましょう。
放っておくと進行してしまいますので、シミを発見したらすぐに対策を。

 

シミの前兆

蛍光灯を肌に近づけて見るか、ガラス越しに入る日光で鏡を見てみましょう。
日ごろ気づかない、ごく薄いシミや皮膚の下に隠れているシミも見つけることができます。

 

シワの前兆

小じわの前触れは、肌の乾燥です。ときどき顔を洗いっぱなしにして、肌の状態をよく観察すること。
肌がカサつく、つっぱる、ファンデーションののりが悪い、粉っぽいなどが乾燥のサインです。

 

シミのできやすい部分

シミはポツンと点のように小さいものではなく、ある程度の面積をもつ斑点。
額やほお、鼻の下なぢ、できる場所が決まっています。

 

小ジワのできやすい部分

乾燥しやすい目の周りが最も危険な部分。
洗顔の際、石けん分を肌に残すと額の生え際やこめかみのあたりに
乾燥性のシワができやすいです。

Sponsored Links