化粧直しの方法

 
Sponsored Links

肌のために正しい化粧直し方法

化粧直しは早め早めがポイント

一日中メイクをしていると、夕方になって肌がチクチクしたり、かゆくなることがあります。これはメイクアップ化粧品や皮脂や汗、それに外からついた汚れが混じり合って変質し、肌を刺激しているからです。

 

そこで、化粧直しが必要になります。面倒だからといってべとべとに汚れた肌の上にパウダーを重ね付けしたりするのは決して肌にはよくありません。

 

本当はクレンジング剤でメイクを落とし、洗顔をして最初からやり直すべきですが、外出先で無理な場合の化粧直しのポイントを紹介します。

 

くずれそうな部分は思い切って落としてしまう

鼻や口の回りなど、脂が浮き出た部分はもちろんのこと、ファンデーションが浮いて今にもくずれそうな部分は、くずれる前に落とすこと。

 

ウェットティッシュは化粧専用を使う

ぬれティッシュでメイクを落とすと簡単ですが、必ず顔に使う化粧専用のものを使うこと。化粧品メーカーのものならまず安心。赤ちゃんのおしりをふいたり、傷口をふくのに使う消毒剤入りウェットティッシュや清浄綿などは肌を傷めるのでよくありません。

 

メイク落しは乳液で代用する

クレンジングクリームやクレンジングローションは、使ったあとに石けん洗顔が必要。でも、外出先で洗顔できないという場合は、肌に残っても安心な乳液でふき取ること。ただし、化粧直し用のクレンジング剤なら洗顔なしでも大丈夫。

 

 

正しい化粧直しの方法

1.ウェットティッシュでファンデーションをふき取る。または、肌に直接乳液をつけてのばし、ティッシュでふき取ってもよい。

 

2.ファンデーションを落とした部分にメイクアップベースを付け足す。乳液で代用してもよい。

 

3.パウダリーファンデーションをそっとつける。リキッドタイプの場合はさらに紙おしろいで押さえ、油分を吸い取らせるとよい。

 

 

化粧直しの必需品

コットンに含ませサッとふき取るだけでメイク落としが完了できる化粧直しに便利なのが、クレンジングローション。その後化粧直し用のウェットティッシュを使えば、肌はすっきり爽快。
クレンジングローションをコットンチーフに含ませた携帯用も出ているので、上手に利用しましょう。

Sponsored Links