手の甲のシミの原因と治療

 
Sponsored Links

手の甲のシミの原因と治療

手の甲のシミの原因

手の甲も日焼けをすることでメラニン色素が増えることでシミができやすくなり、また肌の水分量が少なくなることでシワができやすくなります。
そして手の老化を早めてしまいます。

 

顔も手の甲も同じ肌なので当たり前のことなのですが、日常生活の中でも顔は意識していても手は意識することを忘れてしまいがちになります。
顔と同様に、手の甲も日頃のケアをきちんとすることが大事です。

 

年齢が若い場合は、肌のターンオーバーもまだ活発ですので、ケア次第では消える可能性は高いです。50歳を過ぎていても、薄くするつもりで手の甲のシミのケアを行えば、目立たなくなるでしょう。

 

 

手の甲のシミの治療

手の甲は、顔に比べて皮膚が厚く、通常の美白化粧品は、浸透しにくいです。
せっかく手の甲に美白化粧品を使っても、あまり効果が見られません。

 

まずは徹底した紫外線対策をしましょう。外出するときは日焼け止めや手袋を欠かさず行いましょう。

 

ひとつの方法としてシミ用のハンドクリームを使うことです。
自分に合うハンドクリームの選び方は、試供品などで試してみましょう。手の甲につけて、ベタベタしない、香りがいい、サラッとして浸透力がありそう、というシミ用のハンドクリームを選びましょう。

 

 

またレーザー治療という方法もあります。
ただ、手の甲は顔に比べて皮膚が厚いため顔よりも、治りが遅くなります。
シミがとれても、そのあとにしばらく赤みがでることもあります。

Sponsored Links